「連作‐四季」冬の着物と帯、やっと完成!!

    
DSC05937.JPG

 

年に一作ずつ、着物と帯のデザインと手描き・染めを始めて、四季の「冬」にやっとたどり着きました。
今春は、作業中の京都で体調を崩し、夏休みそして秋へと大幅に作業が遅れましたが、無事に完成して嬉しい!です。

DSC05972.JPG

 

コンサートがある時期は原則として、手描き作業をしない方針ですので、完成は11月になってしまいました!!

DSC05926.JPG

 

女子美の講義では、反物のまま原画という形で、学生たちに見てもらいました。

DSC05978.JPG

 

又、毎回、着物の展示会では「まるやま」さんにお声がけ頂き、今回はナント!「一日店長」という形での参加。各フロアを回り、全国からお集りのお客様と沢山のコミュニケーションを!そして、冬の着物と帯も展示して頂きました。

DSC05981.JPG

 

2年位前から計画していたイルカ・デザイン「レッドリストの生き物たち」織の帯も5種類完成し、今回初めて手にしましたが、とても素敵に出来上がり嬉しく思っています。

DSC05982.JPG

 

水墨画の水嶋征夫先生も参加されていたので、久しぶりの再会でツーショット!

 

 
冬の着物と帯の詳細報告は「森羅万象ページ」に掲載しますので、もう少しお待ちくださいね!

    

ヨグマタ相川圭子さんから新刊を送って頂きました。

    

IMG_20151203_155726.jpg

 

 

 

10月にラジオ「Naturally~本当のあなたと出会う旅~」のゲストに呼んで頂いた御縁で、ヨグマタ相川圭子さんから新刊「ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉」河出書房新社を送って頂きました。
難しいと思う事が解り易くしかも具体的な言葉で書かれています。小さな本の中に大きな宇宙を感じて下さいね!

    

西郷輝彦さん、瀬川瑛子さん&イルちゃんで。ユーキャン!!

    
DSC05059.JPG

今年の夏に、ユーキャンのCM撮影をしてきました。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが「詳しくは明日の朝刊で!」というあのCMです。
今回はオンエアされる地域と日時が非常に限られていたため、皆様にお知らせが間に合わず、申し訳ありませんでした。

そこで、今回は特別にそのCM収録風景を公開させて頂きます!

DSC05052.JPG このCMは、西郷輝彦さん、瀬川瑛子さんとイルカの3人で撮影してきました。
終始和やかでスムーズな撮影となりましたよ!
こんなに広ーいスタジオで、大勢のスタッフと一緒に、1シーンずつ撮影を行っていきます。

DSC05057.JPG

「日本のヒット曲」はこちら


第1集の鑑賞アルバム(同梱冊子)には、イルカのインタビューも掲載されています。

    

イルカ参加の伊勢正三さん&松本一起さん共同プロデュース・童謡アルバム「あからんくん」発売(10/28)!

    
DSC04194.JPG

今年の春に、レコーディングをしたとご報告させて頂いた伊勢正三さんと松本一起さんの共同プロデュースアルバム「あからんくん」。こちらが発売されます。
イルカは「たからもの」と「にじ」の2曲を作曲し、歌っております!

【タイトル】あからんくん
今作は「あ行」から「な行」までの25作+テーマソングの計26曲を収録(後半作品は2016年発売予定)
【発売日】平成27(2015)年10月28日
【値段】2,000円+税

2.jpg

「あ」から「ん」までの50音で始まる、普遍の愛を歌った「童謡詞」に、バラード、ロック、ラップ、ボサノバ、AORから混声合唱曲まで...従来の童謡の枠を超えたPOPで多彩な音楽性が紡ぎ出す「新童謡」ワールドの誕生!

<同時発売>
【タイトル】絵本「あからんくん」
【発売日】2015年10月24日 スペースシャワーブックスより発売
【値段】本体1,667円+税
 

イルカもメッセージを寄せていますよ!

    

梅博士・松本紘斉先生「お別れの会」でご挨拶と「梅花」を歌わせて頂きました。

    
DSC05773.JPG 8月に亡くなられた梅博士・松本紘斉先生の「お別れの会」に出席する為に大阪へ行って参りました。
奥様から「もし可能なら弔辞・送る言葉をぜひお願いしたいと思います」とお手紙を頂いたので、想い出話をさせて頂きました。
最後に、突然でしたが、紘斉先生と一緒に作った歌「梅花」をアカペラで歌わせて頂きました。
DSC05778.JPG 「一度も泣かずに来たのですが、歌を聞いたとたんに涙が止まりませんでした。ありがとうございました」と喜久一社長からもおっしゃって頂き、歌ってよかった...。と思いました。これからも梅の恩恵を頂きながら、歌って参ります。

松本紘斉先生、ありがとうございました。