201706193.jpg 平成14年から1年越しで大分県の宇目町(現在は佐伯市)に9回通いました。
校歌のご依頼を受けましたがこの町の出身者では無い私でしたからお引き受けする条件として「四季折々の風土に触れて作って良いですか?」とお願いした訳です。
町にはホテルもコンビニもありませんでした。なので毎回、私は色々なお宅にお世話になりました。
夕食には親戚の皆さんも集まり大歓迎を受けました。「素晴らしい所ですね!」と案内して頂いた場所のお話をし「自慢は何ですか?」と必ず聞きました。
すると「水と空気が良い事くらいしか何もありません」と皆さん仰るので「それが一番素晴らしい事で世界に誇れる事ではないですか!」と話すと「でも都会の暮らしに憧れて若い世代は皆出て行ってしまいます」と淋しそうに日本の林業が行き詰まっている事なども聞かせて下さいました。

201706192.jpg

緑豊中学校は全てが木造でできた校舎です。

藤河内渓谷は一枚岩を水がくり抜く様に流れています。
大人たちは子ども達にお神楽を伝えています。
本当に素晴らしい感動を沢山頂きましたのでお世話になった皆さんに私はコンサートを開いて御礼を伝えました。
その後、子ども達から「コンサート凄く素晴らしかった」とお礼状が届きました。その内容は驚いた事に「僕達のふるさとは豊かな自然に恵まれています。校歌は是非、その自然が沢山感じられる歌を作って下さい」と書いて有りました。大人達の心配をよそに子ども達はちゃんと自然が豊かな自分の故郷を誇りに思っていたのですね。私は是非とも、子ども達の心を大人達に伝えてあげたい!と思いました。
201706191.jpg 平成15年4月19日、開校式で私は「竹の海」を生徒の皆さんと一緒に発表しました。
その後、私は用意して行った子ども達からの「僕達の故郷は美しい自然が自慢です」という手紙を読み上げて行きました。集まって下さった町中の皆さんは感動の涙を拭いながら大きな拍手を下さいました。あれから15年が経ちました。あっと言う間に。
そしてこの度「ユネスコエコパーク」に指定されたのです。
「ほらね!私は社交辞令でここは素晴らしいと言ってた訳では無いでしょ?」水と空気が良い事が、自然豊かな事が世界から評価され認められたのですから。こんなに嬉しい事は有りません。その間皆様はこの大自然を守り続けていらしたのですね。校歌「竹の海」を又皆さんとご一緒に歌える日を夢見ています。

エッセイ「ここは私の学校」をお持ちの方はP231~P242を再度ご覧下さいね!そして日本に世界中にある誇るべき美しい故郷を大切に致しましょう。

         
    
DSC01531.JPG 我が同志りりィへ
私たちが歌い始めたあの頃。同じようなスタンスで歌っている女の子はまだ少なかったね。人見知りな私は現場でりりィの顔を見るといつもホッとしたよ。そして、くっついていた。自由で愛に満ちていたりりィはどんな話もガハハと笑って受け止めてくれたね。数年前に会った時、歌う横顔には大人の女性としての優しさが満ちていた。きっと、幸せな日々を送っているんだな...。と眩しく嬉しく思いました。
私はあと少し此処にいるけど、又宇宙のどこかで会ったらガハハ!と笑いあおうね!
沢山のありがとうを我が同志りりィに贈ります。
愛を込めて。イルカ
 
2016年11月11日りりィが天に召されました。
バレンタインのお別れライブには行かれなかったのでメッセージとお花を手向けましたら、山崎ハコちゃんから「イルカさん!綺麗な大きなお花がりりィさんの写真の横にあります。素敵です!」とメールが届いたので「私の分までりりィの為に歌ってね!」とやり取りしました。
後日、りりィのCDが届けられ、中に育ての親とも言える寺本幸司氏の言葉が「浅川マキ、桑名正博と続いてりりィまで逝ってしまった。」とあり心が痛くなりました。寺本さんには私も育てて頂いた一人です。
タムジンの懐かしい写真が添えられていたのでコラージュして写真を撮りました。
りりィありがとう。
         
    
DSC01323.JPG 漫画家の萩尾望都先生と私は共に女子美の客員教授を務めています。
今回は念願叶って対談となりました。
学生は勿論ですが一般の方々も応募できる特別公開講座「宇宙・人間・アート」でしたので女子美のHPで公開した所、瞬時に定員数を遥かに超えてしまったそうで、皆さまには情報をお伝えするに至らずすみませんでした。
DSC01327.JPG 1970年代の終わり頃、私の番組に「「ト―マの心臓」は知っていますか?」「そこから冬馬君の名前をつけたんですか?」とよくハガキを頂くようになったのがきっかけで「ト―マの心臓」を読み萩尾先生の存在を知りました。ですから冬馬とト―マは偶然の一致なのです。
DSC01337.JPG 今回の対談を実現させて下さったのは女子美のアート・デザイン表現学科 メディア表現領域の学科長の内山教授です。女子美の講義前後はいつも沢山の夢に付いてお話させて頂くとてもエネルギーのある女性です。
今回も萩尾先生と城マネージャさん、内山先生と日沼先生と楽しいお食事女子会で盛り上がりました。
永遠の文学少女という感じの萩尾先生!本当に素敵な方でした。サイン入りの新作も頂きありがとうございましたヽ(^o^)丿 
今回の御縁を大切に又、ゆっくりお話させて下さい。そして、何かご一緒にコラボレーションが出来る日を楽しみにしています。
         
    
DSC_0034.jpg

上野はゆかりの地!
久しぶりに上野の森へ行って来ました。二人が好きなゴッホの原画を拝見に!ゴーギャンと別美術館ではクラーナハの原画も拝見する事が出来ました。
美術館では全く関係ない画家ウォーターハウスの画集を購入出来てご満悦(^_^)vな二人。
上野は幼い頃、パパ保坂に博物館に連れて行って貰った事が有り恐竜の骨などが深く心に残っているのです。

DSC_0037.jpg

お昼は谷中の蕎麦屋でツルっと!孫・検索!祖母・歓喜!)^o^(
思えば谷中は夫のカメ吉くんが生まれた所。寛永寺さんの直ぐ側に居たそうです。お母さんが産気づいた時、お兄さんが谷中墓地を走って御産婆さんを呼びに行った!なんて話を孫にしながら散策!
夕暮れ時には精養軒にて早目の夕食。ここには若かりし頃の母がレストランのレジを務めていた。と言う話をしつこく孫に(*^_^*)
お土産のプリンに「懐かしい~」の父母・狂喜!連続!!ヽ(^o^)丿

又、こんな時間を持ちたいな・・・たまにはね!孫とね(^_^)

         
    
yukai1.JPG

行ってきました「ミス・サイゴン」初めての帝国劇場へ!ダイアモンド✡ユカイさんからは「ぜひ!」と夏前からお誘いを受けていました。ユカイさんと言えば今年の「イルカ with Friends」コンサートに飛び入り乱入して下さいましたが。ミュージカルでのユカイさんも、とてつもなく迫力がありました。
オーディションを受け2年がかりで主役のエンジニア役を射止めたとの事ですから、声には熱がこもりライブ感あふれる姿はさすがロックンローラーの血統でした。
エンジニアはちょい悪な役柄ですが「きっと根は愛にあふれた人なんだろうな...」と客席に思わせる事ができる人でなくては演じられない役柄だと思いました。
市村正親さんの当たり役で、市村さんは今回がラストという事ですが、ダイアモンド✡ユカイさんにとってもエンジニア役はきっと大きな運命的な出会いとなることでしょう。

がんばれ、ユカイちゃん!