DSC05790.JPG 富士河口湖といえば、毎年「イルカ with Friends」コンサートを始め「町うた」制作など、深い御縁を頂いています。
今回は「ヲシテ文字」という物を通じて、縄文・弥生の時代にまで遡る富士河口湖町の歴史文化の凄い再発見となりました。
「ヲシテ文字」とは漢字以前の縄文時代から使われていた日本固有文字と言われています。
(詳しくは調べてみてね)

DSC05794.JPG 「『よみがえる縄文時代イサナギ・イサナミのこころ』(著者:池田満氏)の表紙が富士山です。ヲシテ文字を御存じですか?」と、染めの打ち合わせの際に、藍絽座・風間さんからメールがあったので「富士山といえば河口浅間神社は凄い所ですよ。ホツマツタエは1991年頃はまってました。」と返信すると「12ページに出ています!」という事で、私も早速、本を探して読みました。そして、河口浅間神社の中田宮司さんに御連絡して伺う事になりました。
DSC05791.JPG 河口浅間(あさま)神社へは、町うた制作の際に、浅間神社の祭神「木花開耶姫(このはなさくやひめ)」様の事を歌詞に入れたいのですが、と町の皆さまにお参りに連れて行って頂きました。お許しを頂いてから、私は「木の花の開く頃に」とサビに付け加え歌を完成させました。
それ以来、大好きな場となりました。
今回は境内から浅間古道を更に登る「山宮社」に御案内頂きました。山の神様ですね。
DSC05809.JPG 2012年末に凄い文献が発見されました。「ミカサフミ ワカウタのアヤ」富士山御師(おし)・本庄家に所蔵されていた超貴重なヲシテ文献です。
池田満氏の御本によると「国語の成り立ちの原理や和歌の構成原理など我が国の文化・文明の根幹に関わる内容が記されている。」との事で御座います。「帝京大学元教授、宮崎貞行さんのご判断があればこその展開でした。」とも書かれています。

DSC05814.JPG 中田宮司さんに「本庄家の方にお逢い出来ますか?」とお尋ねして、ご紹介頂きましたのが本庄元直さん。
富士山御師・河口十二坊梅谷二十七代目さんで御座います。
本庄家は、河口浅間神社の神職として約千年続いた事等「甲斐国志」にも記載されているそうです。
「ミカサフミ ワカウタのアヤ」を先祖代々に渡って保存伝来なさって下さいました。
DSC05806.JPG その昔は沢山並んでいた御師宅も、今は本庄家一軒との事です。
超貴重なお話や本庄さんの気さくなお人柄に、すっかり長居させて頂きました。
頂いた「富士山と河口湖とその周辺の伝説」これは民族学者・伊藤堅吉氏がまとめた物に本庄さんが追加した御本です。地図と合わせて読むとたまりません!探検したくなります。
富士山そして富士河口湖町に魅せられていた私ですが、今回の再発見で更に素晴らしさを教えて頂き深く感謝しています。
河口浅間神社は2015年12月に創建1150年を迎えます。機会を作って、是非お参りにいらして下さいね。
         
    

DSC05545.JPG 毎年、参加させて頂いている「君と歩いた青春」のコンサートも7回目となりました。
去年は、こうせつさん仕切りの「サマーピクニック」万博公園の為、全員そちらに参加しましたが、今年もステージ裏側席までビッシリのお客様にお出で頂きありがとうございました。
DSC05606.JPG 出演は、伊勢正三さん、杉田二郎さん、南こうせつさん、尾崎亜美さん、太田裕美さん&イルカのいつものメンバーに加えて、今年のゲストは谷村新司さんです。おや?もう一人ゲスト?
DSC05548.JPG そうです。サプライズゲストとして押尾コータローさんが登場!
正やんと二人で風バージョンの「海岸通」をやるとの事なので、急きょ私も加わって三人での初「海岸通」となりました。
DSC05559.JPG

ソロコーナーでは、オーバーオールの「正統派イルちゃん」で登場!皆さん、一緒に歌って下さりありがとうございました!

 
毎回、正やんのむちゃぶりにお応えして、今年も「むちゃぶられイルちゃん」が大好評!さて今年は・・・?

DSC05599.JPG

中三トリオのイメージで......。三人娘と谷村さんのジョイント。曲はあの日本の名曲「いい日旅立ち」。
谷村さんとイルちゃんとの「漫才トーク」が爆裂の後、完全に無視されながらもめげずに歌うイルちゃん。会場内、大爆笑の渦の中、無事に歌い上げました。
しかし、心の広ーい谷村さん。最後は、肩にそっと手を置いて下さり、麗しい歌唱シーンとなりましたぁ!

ホンデ!今回の特別写真公開!!!

IMG_4158.JPG

楽屋にて。
南さんよりお褒めにあずかる!!

 
記念写真提供・ベリーファーム直ちゃん!
Thank You!


         
    
DSC05472.JPG グッバイのやっちんから「急にライブをやる事になったので来て下さ~い」とメールを貰い行って来ました。中野サンプラザへ!
久々グッバイなので昔のスタッフと今のスタッフを誘い、女子3人で盛り上がって来ました\(^o^)/会場内もそう言った皆さんで熱気あふれてた~

DSC05471.JPG 義男ちゃん!ギターも話も最高(^_-)-☆
やっちん!さすがの安定感(^_^)v
DSC05468.JPG こうちゃん!変わらずパワフルラブリー(^^♪
キイボードには以前イルカ・メンバーだった小野沢篤さんが参加する!とも聞いていたので楽しみでしたよ!良かった~\(^o^)/
しかし・・・やはり一番残念で淋しかったのは、ベースのはっちゃん・加賀八郎さんが2013年に亡くなった事。彼の結婚式にも出席させて頂いたのに。奥様にもご挨拶させて頂きました。

DSC05466.JPG そもそも、私とグッバイの繋がりは・・・?
やっちんがまだ「リトル・ギャング」としてジャニーズ事務所からデビューした頃。
NHKの「レッツゴー・ヤング」での出逢い。まだ12歳だったのね!その後もよく連絡をくれる良い子でしたから、ライブにもよくお邪魔して、飲んだり騒いだりの楽しい思い出もいっぱい!
アルバム「OLD FRIEND」では「Half Dream」に曲を付けてくれたので、やっちんもL.A.のスタジオにやって来て、うちの家族と混ざってディズニーランドにも行きました。
昨夜も「今日はゆっくりお話出来ずすみませんでした。又、お食事でも」なんて即メールをくれる律儀な永遠の少年です!
女子3人一層盛り上がり~(^O^)/

グッバイの10枚目アルバムも待ってるからね!
         
    
1.JPG 二十年来の友人である小田全宏氏のコンサートにゲスト出演しました。当日は、第一部が小田氏作曲の交響組曲「大和」、第二部がゲストを招いて小田氏自ら交響楽団の指揮をするという構成でした。
人間教育に力を注ぎ、全国を駆けずり回っている小田氏。音楽が本業ではありません。しかし、何事にも目標を立てて達成させる姿には尊敬の念を抱かずにはおれません。
2.JPG フルートのソロコンサートを開いた時も、富士山を文化遺産に推し進めた事も、見事に目標を達成されて、凄い方だなあ!と思います。けれど決して堅苦しく無く、何事にも前向きにチャレンジして行く小田氏の次なる夢が楽しみです。
又、未来について色んなお話に花を咲かせましょう!
         
    
DSC05248.JPG 戦後70年。8月6日午前8時15分。
「ヒロシマ祭り」実行委員会の皆様方と父と慰霊祭に参加してきました。
快晴の空の下、午前中から暑い日差しが照り付け、70年前のあの日もこんな光景が広がっていたのでしょうか。
「おはよう!」と人々は言葉を交わし、それぞれの朝を迎えていた筈・・・。
DSC05283.JPG

午前8時15分。
一瞬にしてそんな人々の全てが原爆によって吹き飛ばされました。

 
慰霊祭で響き渡る鐘の音。
その瞬間、鳴いていたセミの声も一斉に静まり、私達と共に黙祷を捧げているかの様に思えました。

HP - 01-AQ7T0080 (2).jpg

原爆ドームの前を流れる元安川は、水を求めて沢山の方々が亡くなられた場所です。
私達は花を手向け、その花の一部はコンサートホールのロビーに飾られました。

 

(photo by 川井 聡)

DSC05285.JPG その後、全国各地から贈られた色とりどりの折り鶴を「原爆の子の像」に捧げました。
私達の後ろには、千羽鶴を大切に抱えたあらゆる世代の人々が長い列をなしていました。
DSC05302.JPG 午後からは「追悼コンサート」の為に会場に入ると「お客様が満席なんです!」と実行委員の皆様が大喜びで、ありがたく思いました。
今回は、パパ・保坂俊雄もぜひに!と一緒に行きました。
平和への願い!音楽は国境を越える!という思いで、日頃から慰霊祭を実行している父の話もさせて頂きました。

HP - 02-AQ7T1667.jpg

戦争について「若者が無関心」と言われていますが「平和をアピールしたい」という、中高生達も沢山いて、そんな彼らへ送ったイルカからのメッセージ詩も紹介させて頂きました。
未来の子ども達「あしたの君」達から預かっているこの地球!もっともっと大切にして行くよ!

 

(photo by 川井 聡)