スペシャルゲスト(敬称略)

・伊勢正三

・杉田二郎

・南こうせつ

ゲスト

・江原啓之

・神部冬馬

私がIUCNの親善大使に任命されたのは2004年7月の事でした。

「IUCN国際自然保護連合」といえば誰もが知っている。と思っていたのですが、 現実は厳しく、費用も全く無い状況からのスタートでした。そこで・・・。

IUCNの活動を沢山の皆さんに知って頂く為に始めたのが「イルカ with Friends」コンサートでした。

毎回、ゲストの皆さんへのお願いやメッセージを載せたパンフレット作り・Tシャツのデザイン・・・と全て手作りでやって来たコンサートも、親善大使も今年で10周年です。その間支えて下さった皆さまのお陰で、 IUCNから依頼を受け作った「We Love You Planet!~ひびけ!惑星に。」も完成しました。ありがとうございます。

IUCNのHP(YouTube Channel)にて、動画も無料公開していますので、ぜひご覧下さい。

これからも私は森羅万象からのメッセージをあなたに伝えられる一人のアーテイストでありたいと思っています。

今宵もお楽しみ下さいね!

IUCN国際自然保護連合親善大使
国連生物多様性の10年日本委員会・委員
環境省中央環境審議会野生生物小委員会・委員
やまなし大使
富士河口湖特別町民

今年は,イルカさんがIUCN親善大使になられて10年の節目の年。

来年,国際社会はポスト2015年開発アジェンダとして新たな発展の方向性を定めます。環境はその重要な要素であり、自然と調和した持続可能な社会の実現への期待が高まっています。

イルカさんのメロディを聞かれた多くの方々が、これから1年間,自然環境と地球の未来に思いをはせてくださることを願っています。

「イルカ with Friends」が今年で10回目を迎えることにお慶び申し上げます。イルカさんには、「IUCN親善大使」だけでなく、「国連生物多様性の10年日本委員会」のメンバーとして、自然の大切さを世の中に広めていただいているところです。そのおかげで「私も自然を守りたい」という人が着実に増えてきていると感じています。

また、今回新しくイルカさんが作成されたIUCNの歌「We Love You Planet!~ひびけ!惑星に。」が、人と自然が共生する社会の実現に向けた多くの人の力強い行動に結びついていくことを期待しています。

本日は「イルカ with Friends」にお越しいただき、誠にありがとうございます。

さて、昨年6月富士山が世界文化遺産に登録され、国内のみならず世界レベルの大事な資産として認められ、当町においては、その魅力を発信するとともに保全に取り組まなければならない役割を担っております。その中で、平成16年からIUCN国際自然保護連合初の親善大使として、環境保全の啓蒙活動の重責も担われているイルカさんによるコンサートは、今年で10回目を迎えました。富士山の麓から毎年音楽の魅力を発信することと同時に富士山の麓に多くの出演者や来場者の皆さんが集う機会にもなり、富士山のすばらしさを感じていただく機会にもなっており、今年も開催できますことに心から感謝申し上げます。

また、今回のゲストの南こうせつさん、伊勢正三さん、杉田二郎さん、江原啓之さん、神部冬馬さんらと共に過ごす、アットホームで楽しいコンサートが繰り広げられることはとても楽しみな気持ちでいっぱいです。今年もどんなステージが繰り広げられるか期待するところですが、ご来場いただいております皆様が、心温まる時間を楽しんでいただければ幸いです。最後までごゆっくりお楽しみください。

イルカさんのIUCNのための河口湖コンサートも今年で10回目となりました。

イルカさんがIUCN親善大使に就任されて10年が経ちました。この記念すべき年に、「WE Love You Planet!~ひびけ、惑星に。」を聴くことができるのは、私にとって大きな喜びです。今夜、会場の皆さんとともに心を通わせてこの曲を歌えることを楽しみにしています。

このIUCNのための歌を通じて、IUCNのビジョン、ミッション、自然保全活動を多くの方々に伝えてくださるイルカさんに心よりお礼申し上げます。

イルカさんがIUCN親善大使に就任されて10年。

これを記念してIUCNに捧げる新しいCD「WE Love You Planet!~ひびけ、惑星に。」を発表されたこと、大変嬉しく思います。

この曲はとても美しい曲です。この曲を通じて、イルカさんは、これからも自然を尊び、保全する公平な世界というIUCNのメッセージをさらにたくさんの方々に届けてくださることでしょう。イルカさんの継続的なご支援と才能、そして自然への情熱にIUCNは、これまでにも増して感謝しています。

私たちと一緒に今夜のコンサートを楽しみましょう。そして、自然や自然が私たちにもたらす恵みに共に感謝しましょう。

         
    
iruka2013_vol9_top

ゲスト
・江原啓之
・尾崎亜美
・神部冬馬
スペシャルゲスト
・きたやまおさむ
・石川鷹彦(敬称略)

自作着物

自作着物で出席、
チェジュ国際会議場前にて

risu_fmt

topphoto

今年もこうして「イルカ with Friends」コンサートで皆様にお逢い出来る事を嬉しく思っています。9回目となるこのコンサートは、IUCN国際自然保護連合の活動を知って頂く為に始めました。

本年は富士山が世界文化遺産に登録され、より一層世界中の注目を浴びましたね。その富士山のお膝元で毎年こうして歌わせて頂き、全国からも沢山の方々にお出で頂ける喜びは富士山から頂いた「御縁」と感謝しています。

・・・なので、今年のTシャツには「富士山」の絵を描いてしまいました!

富士河口湖町の為に作った町うた「木の花の開く頃に」は正に富士山の守り神と言われている木花開那姫様を思って作った歌です。今年も是非皆さんと一緒に歌いたいですね!そして、未来の地球がずっと美しく有るように・・・。と願いを込めたいと思います。

昨年9月に韓国の済州島にて行われた「世界自然保護会議」は4年に1度行われるIUCNの国際会議です。私も毎回、親善大使として参加していますのでこの誌上にも写真で報告を載せました。詳しくは私のウェブサイトでも紹介していますのでご覧下さいね。

又、昨年から計画を立てて来た「IUCNと和の世界」のコラボレーションが実現しました。その一環として「風呂敷」と「オーガニック・コットンタオル」も完成!売上金の一部はIUCNの環境活動に役立たせて参りますのでご協力お願いいたします。

本日も富士山の懐に抱かれて・・素晴らしいゲストの皆さまとの歌をお楽しみ下さいね。

IUCN国際自然保護連合・親善大使

国連生物多様性の10年日本委員会・委員

環境省中央環境審議会野生生物小委員会・委員

やまなし大使

富士河口湖町特別町民 イルカ

vol9gotmsg

guestms01

1992年の地球サミットから20年という節目の昨年、国際社会は国連持続可能な開発会議(リオ+20)を開催し、持続可能な開発の実現に向けた決意を新たにしました。

自然との共生、持続可能な社会のあり方が改めて問われている今、日本の経験、知見を活用しつつ、世界と共に答えを見出していきたいと考えます。

「信仰の対象と芸術の源泉」として新たに世界文化遺産への登録が決定した富士山は、私たち日本人が昔から自然と共生してきたことを象徴しています。

富士山の雄大な姿を間近にとらえる河口湖において、イルカさんの歌声とともに、自然との共生というメッセージが世界に響くことを期待しています。

line2014_opt

guestms02イルカさんには、2004年からIUCN親善大使、2009年からは中央環境審議会委員として、さらには、2011年に発足した「国連生物多様性の10年日本委員会」のメンバーとして、自然を守るためにご活躍をいただいています。

イルカさんの歌が世界中の人々の心に届き、森・里・川・海とがつながる自然豊かなめぐみの星を守ろうとする仲間が着実に増えていくことを心から期待しています。

line2014_opt

guestms03本日は「イルカ with Friends」にお越しいただき、誠にありがとうございます。

さて、平成16年からIUCN国際自然保護連合初の親善大使として、環境保全の啓蒙活動の重責も担われているイルカさんによるコンサートは、今年で9回目を迎えました。毎回素敵なゲストをお迎えいただいておりますが、すばらしいゲストの皆さんが一堂に会し、アットホームで楽しいコンサートが繰り広げられることがとても楽しみな気持ちでいっぱいです。 また、6月には念願であった富士山世界文化遺産登録が実現し、更に富士山が国内のみならず世界各地にも日本の象徴として紹介される機会が増えていくことと思われます。本日ご来場いただいております皆様が、富士山の麓で本日ものその魅力を感じながら、夏のひと時を素敵なステージで、心温まる時間を楽しんでいただければ光栄です。最後までごゆっくりお楽しみください。

line2014_opt

guestms04

2012年9月に韓国、済州島で開催されたIUCN世界自然保護会議(IUCN総会)の際には、共にIUCN親善大使として、ジョイントコンサートのステージに一緒に立てたことをとても光栄に思います。私たちはIUCN親善大使として、またアーティストとしてIUCNが目標とする自然保護の大切さを伝え続けるという共通の使命、活動を続けております。

イルカさんのIUCNコンサートが今年も素晴らしいものとなりますよう、心よりお祈り致します。そしてまたお会いできますことを楽しみにしております。

line2014_opt

guestms05

まず、歌やお話を通じたイルカさんのIUCN親善大使としてのご活動に対して感謝を申し上げたいと思います。

世界自然保護会議の期間中、私はREDD+(注:森林減少劣化防止による二酸化炭素放出削減のメカニズム)とジェンダーに関する会合を主催し、イルカさんにその閉会のご挨拶をお願いいたしました。

イルカさんは、女性は解決策の一部であり、またその原動力でもあることから、REDD+の中で女性を主役にしていくことがいかに大切なことかということをおっしゃり、また、自然を大切にすることをテーマにした歌を日本語と英語で歌ってくださいました。そして、イルカさんの歌の力によって、参加者みんなが一体となる大変すばらしい会とすることができました。

みなさん、今晩のイルカさんのコンサートの成功を一緒に祈りつつ私たちと自然とのかかわりについて感謝しましょう。

line2014_opt

guestms06_1guestms06_2今年の河口湖でのコンサートは、IUCNの自然保護に対する取り組みをサポートするための、イルカさんからの9回目の贈り物です。

IUCNにとって、イルカさんが親善大使でいてくださることは大変特別なことです。イルカさんからの変わらぬ支援、その創造性、そして自然に対する情熱に大変感謝しています。「自然を大切にし守る、公正な世界」というIUCNのメッセージを数多くの人たちに届けてくださり、本当にありがとうございます。

親愛なる感謝と友情を込めて。

line2014_opt

IUCN_photojpg
         
    
iwfvol8front

●河口湖ステラシアター 2012年7月28日(土)

 

ゲスト:江原啓之, 岩崎ひろみ, 神部冬馬,

ヴァンくん&フォーレちゃん

 (ヴァンフォーレ甲府クラブマスコット)

 

トークゲスト:さかなクン

●メッセージをいただいた方

IUCN事務局長 ジュリア・マートン・ルフェーブル

外務大臣 玄葉光一郎

環境大臣 細野豪志

富士河口湖町 町長 渡邊凱保

俳優・作家・歌手 荒木一郎

ギター、ウクレレ弾き語り/パスカルズ 知久寿焼

金沢大学准教授(地域創造学) 香坂玲

vol8ttl

vol8001 IUCN国際自然保護連合の活動を知っていただく為に始めたこのコンサートも今年で8回目を迎える事が出来ました。皆様には心から感謝しております。

昨年は「東日本大震災」の為に開催も自粛すべきかどうか悩みましたが大勢の皆さまにお出で頂き募金にも沢山のご協力をありがとうございました。

又、被災地の皆様にお声掛けした所、予想を遥かに上回る方々が会場に来て下さり嬉しく思いました。
これからも「共に生きる・・・この時を」ですね!
2012年の今年はIUCNにとって大切な年です。

4年に一度行われる「世界自然保護会議」が9月に韓国の済州島であるからです。私たちはその準備に入っています。

昨年は四ヶ国から新たに親善大使も選ばれた事ですし、今回の会議でも歌う事になっていますから言葉や国境を越えて私たちはどの様に繋がって行かれるか・・。楽しみです。又、会議に向けてこの春から私は「きものと帯」のデザインと手描き制作の為に京都へ修行に通っています。

「生物多様性と和の世界」を新たにプロデュースして行かれたら、世界中の手仕事や文化の伝承に繋がると信じているのです。IUCNとのコラボレーションも考えていますので9月には皆様に観て頂けるようにコツコツと頑張りますからね!

 今日も富士山の懐に抱かれてゆっくりと楽しんで下さいね!

vol8002
イルカ制作手描き帯。
イルカの絵本
「まあるい いのち」の表紙より

・IUCN国際自然保護連合
 親善大使

・国連生物多様性の10年
 日本委員会 委員

・環境省中央環境審議会
・野生生物部会

・やまなし大使

・山梨県富士山
 世界遺産センター

・(仮称)整備検討委員会

・富士河口湖町特別町民

イルカ

vol8gotmsg

vol8guest1未曾有の大震災を経験した日本にとって、「自然との共生」は重要なテーマです。

今年9月、4年に一度のIUCN総会が韓国で開催されます。世界中から自然保護に携わる市民・政府関係者が集い、自然が本来持つ力を環境・開発の課題解決に活用する方法について議論します。

イルカさんは、親善大使としてIUCNのメッセージを音楽に乗せて伝えてくださっています。イルカさんの歌声が世界に響くことを楽しみにしています。

 vol8line

Ivol8guest2UCN親善大使のイルカさんは、日頃から様々な活動を通じて、生物多様性の大切さを伝えてくださっています。
昨年2011年に、生物多様性を守るための愛知目標の達成に向けて「国連生物多様性の10年」がスタートしました。イルカさんは、この「国連生物多様性の10年日本委員会」のメンバーとしてもご活躍いただいています。

今回のコンサートは震災復興支援を目的の一つにされていると伺っています。環境省では森・里・川・海が育む自然と、ともに歩む復興を目指しています。世界遺産登録に向けて取組の進む富士山の麓で、イルカさんの歌声に込められたメッセージが、多くの皆さんの心に届けられ、人と自然が共生する世界の実現に向かって、想いをともにする仲間が増えていくことを心から期待しています。

 vol8line

vol8guest5本日は「イルカ with Friends」にお越しいただき、誠にありがとうございます。

さて、平成16年からIUCN国際自然保護連合初の親善大使として、環境保全の啓蒙活動の重責も担われているイルカさんによるコンサートは、今年で8回目を迎えました。

毎回素敵なゲストをお迎えいただいておりますが、今回もゲストに江原啓之さん、神部冬馬さんが出演し、今回初めて出演していただく岩崎宏美さん、さかなクンと共にすばらしいゲストの皆さんが一堂に会し、アットホームで楽しいコンサートが繰り広げられることをとても楽しみな気持ちでいっぱいです。

また、イルカさんやゲストの皆さんから富士山の魅力を毎年語っていただいておりますが、来年の富士山世界文化遺産登録を目指し、この機会を通じて益々支援の輪が広がり、富士山のあらゆる魅力が多くの皆さんの心に届くことを期待しております。
本日ご来場いただいております皆様が、夏のひと時を素敵なステージで、心温まる時間を楽しんでいただければ光栄です。

最後までごゆっくりお楽しみください。

vol8line

vol8guest6photo個人という考え方を僕はあまり重んじない。人間は一人で生きるものではなく、他の人や色々な素材と一緒に生存しているからだ。 

自分という言葉の意味は、個人ではなく、己を含めた環境と考えている。 自分の人生を良くしたければ、環境を整えなければダメだと人には言う。自分とは、その人の持っている環境の大きさ、美しさに他ならない。
つまり、幸せに生きたいと思うなら、その人の持つ環境を良くして行けばいいって事だ。vol8happa1

vol8line

vol8guest7photoここ20年ちょい、ツノゼミっていうミリ単位の小さめの虫を追っかけて東南アジアにちょこちょこ出かけてます。

小さな生き物たちがいるから、ぼくらもこうして生きてられるんだと思います。
イルカさんこんどぼくにも何か手伝わさせてくださいね!vol8kani

vol8line

vol8guest4-2イルカさんは、歌手や絵本作家の他に、IUCNの親善大使、「いきもの応援団」として、環境の分野でも強力な助っ人でもあります。

同時に、全国津々浦々、その地域地域の良さを引き出してくれる不思議な力の持ち主で、まさに「多様性の女神」です。

私の故郷でもある静岡の良さを、今夜も存分に引き出してくれることでしょう。

いつも、温かい歌声で包みこんでくれる イルカwith Friends-そのメッセージは、絆、愛、いのち、次世代にまで広がる。今夜は冬馬さんの歌声で次の世代を考えても良し、さかなクンと環境を考えるも良しです。

vol8guest4
vol8line
vol8guest3

IUCNの自然保護活動を支援するためのイルカさんの河口湖でのコンサートも今年で8回目となりました。

まだ昨年の震災の被害の傷も癒えないこの時期に、日本のIUCN親善大使として歌と意識啓発イベントを通じてIUCNの取り組みを支援くださっているイルカさんに心から感謝しています。

ご存じの方も多いかと思いますが、6月にはブラジルのリオデジャネイロで国連持続可能な開発会議(リオ+20)が開かれました。

この会議の議題に自然が貧困や気候、食糧安全の課題を解決するカギとなるという私たちのメッセージがはっきりと含まれていたことは喜ばしいことです。自然への投資が、グリーン経済と全人類の持続可能な将来を創出する唯一の方法です。

今年9月6日~15日には韓国済州島でIUCNの世界自然保護会議が開かれます。ここでは、各国の閣僚、政府代表者、非政府組織、事業者、国連機関、社会団体が差し迫った環境・開発課題を議論し、解決策を見出します。

世界自然保護会議期間中に開かれるIUCN親善大使コンサートでイルカさんに再びお目にかかり歌を聴けること、楽しみにしております。
みなさん、今夜は私たちとともに自然の恵みを感謝しながら、イルカさんのコンサートを楽しんでください。

vol8line

vol8footer

         
    
iwf_07

河口湖ステラシアター 2011年7月16日(土)

ゲスト:南こうせつ,伊勢正三,神部冬馬

●メッセージをいただいた方

IUCN事務局長 ジュリア・マートン・ルフェーブル

前環境大臣 松本龍

スピリチュアリスト 江原啓之

日本サッカー協会理事 岡田武史

富士河口湖町 町長 渡邊凱保

環境副大臣 近藤昭一

(敬省略)

iwf_07_b_b_w_ttl

iwf_07_b_b_w_ttl_pic01IUCN国際自然保護連合の活動を知っていただく為に始めたこのコンサートも今年で七回目を迎える事が出来ました。ありがとうございます。
今年は三月十一日に起きた「東日本大震災」の為、自粛するべきか・・・。と大いに悩んだのですが、こういう時だからこそ皆が心を繋げて行く事が大切なのではないか・・・。その為に私たちの歌がお手伝い出来たら・・・。と思い復興支援コンサートとさせていただきました。
「元氣の和」が少しずつ広がって行く事を願っています。iwf_07_b_b_w_ttl_pic02
節電の為に開演も早めましたが、ゆったりと私達の歌をお楽しみ下さいね。
最後になりましたが、私もおかげ様で四十周年を迎える事となりました。これからも森羅万象の声に耳かたむけ、皆様の心に寄り添った歌を創り歌って参ります。

IUCN国際自然保護連合 親善大使・中央環境審議会野生生物部会委員・環境省地球いきもの応援団・やまなし大使

IUCN国際自然保護連合 親善大使   ・中央環境審議会野生生物部会委員

・環境省地球いきもの応援団 ・やまなし大使 イルカ


メッセージをいただきました。

iwf_07_msg01

今年の河口湖でのコンサートで、IUCNの環境保護活動支援を目的としたイルカさんのコンサートは7回目となります。

日本にとって大変なこの一年に、日本のIUCN親善大使として、歌や啓発イベントを通じてIUCNの取組みを支援してくださっているイルカさんに心よりお礼申し上げます。

今年は国連によって国際森林年(Forest 2011)と定められています。IUCNも16億を超える世界中の人々に食糧と生活の糧を与えるというだけではない森林の重要な役割について啓発を行い、これを支援しています。私たちが生きていくために必要な空気、食糧、水、医薬品、さまざまな地球上の生命、私たちの現在そして未来を左右する気候、これらすべてに森林は役割を果たしています。
iwf_07_msg01_022011年は、世界中の人々が、地球上の生命、すなわちあらゆる人々と生物多様性にとっての健全な森林の価値を認識する1年になるでしょう。

また今年は、イルカさんのシンガーソングライターとしてのキャリアの40周年でもあります。これまでも、そして現在も、イルカさんは豊かな経験と環境に対する情熱、才能をもって、IUCNの「自然を尊び、保全する公平な世界」の実現への取組みを支援してくださっています。

今夜は、イルカさんのコンサートを私たちと一緒に楽しみましょう。そしてジャングルや森、マングローブ林など世界のさまざまな森林の素晴らしさと、こうした森林が人間や地球にもたらす贈り物の大切さを噛みしめましょう。

IUCN事務局長
ジュリア マートン-ルフェーブル

iwf_07_line



iwf_07_msg02_01イルカさんには、IUCN親善大使として、また地球いきもの応援団員として、日頃から生物多様性保全のためにご活躍いただいています。昨年のCOP10の際には、会議の成功を後押しするコンサートを開いていただき、そのおかげもあって愛知目標と名古屋議定書の合意という大きな成果を上げることができました。
今回のコンサートは震災復興支援も目的の一つと伺っています。環境大臣、そして防災担当大臣として、イルカさんの歌を通じて深まる人々の絆の力が、生物多様性の保全と、震災からの復興を力強く後押ししてくださることを確信しています。一緒にがんばりましょう。

※メッセージを頂いたこの時点では環境大臣でしたが、その後替わられましたので
 前・環境大臣としてメッセージを掲載させて頂きました。

 iwf_07_line

iwf_07_msg03_01温かいハーモニーに満ちた『イルカwith Friends』。
今年はイルカさんの40周年、そして東日本大震災復興支援コンサートでもあるとのこと、きっと皆さんの愛が輝く素晴らしい時間となることと思います。

私は今年は陰ながらの応援隊として、遠くからですが、 心を寄り添わせております。
歌の力は、偉大です。
悲しみから立ち上がり、明日に向かって歩みだした人たちのために、 たくさんの愛が届けられますように、心から祈っております。

iwf_07_line

iwf_07_msg04_01

今年の震災で、私達はずっと気づいていたが「とは言っても」と見ないようにして来た事を、見ざるえなくなった。こんな豊かな生活いつまでも出来るの?
地球は大きくならないのに人口爆発しているの大丈夫?大人口の中国とインドが驚異的に経済発展しているけど、、。今、「とは言っても」と言うことなく、石油と水どちらが大切かと言うような本質を見なくてはいけない。
なごり雪が降るときを知るために。

iwf_07_line

iwf_07_msg05_01イルカ with Friendsコンサート開催にあたり
本日は「イルカ with Friends」にお越しいただき、誠にありがとうございます。
さて、平成16年からIUCN国際自然保護連合初の親善大使として、環境保全の啓蒙活動の重責も担われているイルカさんによるコンサートは、今年で7回目を迎えました。毎回素敵なゲストをお迎えいただいておりますが、今回もゲストに南こうせつさん、伊勢正三さん、神部冬馬さんとすばらしいゲストの皆さんが一堂に会し、アットホームで楽しいコンサートが繰り広げられるかと思うと心から楽しみな気持ちが胸いっぱいに溢れて参ります。また、今回のコンサートは3月11日の東北地方を中心とした地震をきっかけに起こりました東日本大震災の復興を支援するコンサートと位置づけておりますが、イルカさんやゲストの皆さんのステージから繰り広げられる富士山から元気を発信するメッセージもきっと大きな支えの一つになると思っております。この機会を通じて益々支援の輪が広がっていくことを期待しております。
本日ご来場いただいております皆様が、この素敵なステージで、心温まる夏のひと時を楽しんでいただければ光栄です。最後までごゆっくりお楽しみください。

iwf_07_line

iwf_07_msg06_01 イルカさんには、地球いきもの応援団員として、昨年の生物多様性条約COP10の成功に向けて大きなご協力をいただきました。歌を通じて、世界中の人々に「いのち」の大切さを訴えるイルカさん、パワーに感動しました。
 今年からは、COP10での合意を具体的に実現していくための、国連生物多様性の10年が始まっています。IUCN親善大使であるイルカさんの歌がさらに、人々の心をつないで、生物多様性の保全に取り組む仲間の輪を広げてくださること、そして震災復興のための力となることを期待しています。iwf_07_msg06_02

         
    
 ●河口湖ステラシアター 2010年7月25日(日)

 ゲスト:江原啓之

 山本潤子,押尾コータロー,神部冬馬

 トークゲスト:榊原郁恵

●メッセージをいただいた方

 環境大臣 小沢鋭仁

 外務大臣 岡田克也

 富士河口湖町町長 渡邊凱保

 前千葉県知事,IUCN副会長堂本暁子

 IUCN事務局長 ジュリア・マートン・ルフェーブル

 山梨県知事 横内正明(お写真のみ)

(敬省略)

 イルカは2010 年国際生物多様性年~COP10~に向けて行動しています!


「森羅万象」に感謝を込めて!!

今年で六回目となる「イルカwith Friends」コンサート。
皆さんにお会い出来るのを本当に楽しみに準備を進めて来ました。
今年は国連が定めた「国際生物多様性年」で、十月には名古屋で「生物多様性条約第十回締約国会議」という国際会議が開かれます。
ですから私はその為にアルバム・コンサート・絵本を創りました。
来年は四十周年ですしね。その全ての事をじっくり思い返してみると・・・。
みんな新羅万象から教えてもらった事なのだな・・・。と今つくづく思っています。
今日も心を込めて歌います。ゲストの皆様とともに。

・IUCN国際自然保護連合 親善大使・中央環境審議会
 野生生物部会委員・環境省地球いきもの応援団 イルカ


1月25日 「いきもの応援団」発足式

イルカさんは、IUCN 親善大使、地球生きもの応援団員として、その素敵な歌声で、人と生きものが共に暮らすことの大切さを伝えて下さっています。
10月には、国連地球生きもの会議が日本で開催され、人と生きものが共生する地球を守るため、世界中の人々が手を携えていく大きな契機になります。
イルカさんの歌を胸に、この会議の成功に向けて、私もがんばります。

環境大臣(当時) 小沢鋭仁


 2月2日 外務省レセプション

10 月に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10 回締約国会議(COP10)では、会議の成功に向けて日本がリーダーシップを発揮し、生物多様性の保全に向けた具体的な取り組みを呼びかけていきます。
イルカさんは、IUCN 親善大使として「自然を尊重し保全する公正な世界」というIUCN のメッセージを音楽に乗せて世界中に伝えてくださっています。皆さんがイルカさんの素敵な歌声を楽しまれることを願っています。

外務大臣(当時) 岡田克也


 3月13日 富士河口湖町特別町民顕彰式

本日は「イルカ with Friends」にお越しいただき、誠にありがとうございます。
さて、平成16 年からIUCN 国際自然保護連合初の親善大使として、環境保全の啓蒙活動の重責も担われているイルカさんによるコンサートは、今年で
6回目を迎えました。毎回素敵なゲストをお迎えいただき、今回もすばらしいゲストの皆さんが一同に会し、アットホームで楽しいコンサートが繰り広げられるかと思うと心から楽しみな気持ちが胸いっぱいに溢れて参ります。
また、イルカさんには、全国から公募し選んだ詩をベースに作曲していただいた町うた「木の花の開く頃に」を、昨年のコンサートで発表していただき、併せて、今年3月に当町の特別町民としても任命させていただき、様々な場面で、当町の活動にご尽力をいただいております。どうか夏のすてきなひと時をイルカさんの素敵なステージで、心温まる時間を楽しんでいただければ光栄です。
最後までごゆっくりお楽しみください。

富士河口湖町 町長 渡邊凱保


 BS-TBS「 地球いきもの いのちのつながり~生物多様性~」

イルカさんと、生き物たちを、地球を守ろうと、一緒に活動を始めたのはもう20 年近く前。1992 年の「地球サミット」に向けてでした。以来、いつでも、どこでも、イルカさんは動物や鳥、さかなや昆虫たちの友だち。その仲間たちが住む里山や海、森や川に思いを馳せ、いのちを歌い、語り続けているイルカさん。
世界の人たちが、ひとつ一つの歌に心打たれます。
だからイルカさんは生物多様性の総本山IUCN の親善大使なのです。

前千葉県知事・元IUCN副会長 堂本暁子


国際自然保護連合(IUCN)の自然保護の取組みを支援するイルカさんのコンサートも今年の河口湖でのコンサートで6 回目となりました。
日本のIUCN 親善大使としてのイルカさんの精力的な活動に心よりお礼を述べたいと思います。イルカさんのように自然保護に取り組んでいる方々に自然の声が地球全体に届いたことを感謝します。
国際生物多様性年の今年は、これまでにない速さで生物の多様性や種が失われていることに対する解決策を見つける格好の機会があります。
10 月には世界が日本に注目するでしょう。10 月18 日から29 日に名古屋で開かれる生物多様性条約第10 回締約国会合(CBD COP10)には必要な行動を起こすために世界のリーダーが集まります。
日本でIUCN のメンバーの皆さんに会い、そしてCOP10 の期間中10 月24 日に開かれるイルカさんの特別コンサートに参加することを楽しみにしています。
今日、私たちはこれまで以上に毎日、自然を必要としています。これは大都市に住んでいる人も郊外に住んでいる人も同様です。自然は私たちに食料や避難所、淡水、清潔な空気、薬品をもたらすだけでなく、すべての経済活動の基本的な基盤として働きます。このような自然が提供するサービスの価値を真に尊重し、私たちそして将来の世代のために保存すべき時がやってきたのです。
今年の4月にイルカさんがスイスのIUCN 本部にいらっしゃったとき私たちスタッフのために開いてくださった内輪のコンサートでは、人間と地球の結び付きを歌った美しく力強い歌にその場にいたスタッフ全員が感動しました。
イルカさん、私たちの活動にあなたの情熱と才能を傾けてくれてありがとう。
あなたの声が世界中に届きますように。

国際自然保護連合(IUCN)事務局長
Julia Marton-Lefèvre
ジュリア・マートン・ルフェーブル


 7月8日 山梨県知事表敬訪問

山梨県知事  横内正明

イルカと神部冬馬「やまなし大使」に就任