スペシャルゲスト(敬称略)

・海援隊

・太田裕美

・神部冬馬

IUCN国際自然保護連合の活動を広く知って頂く為に始めた「イルカ with Friends」。「令和」というこの大きな年に記念すべき15回目を迎える事が出来ました。携わって下さった全ての皆さまへ、心から感謝で一杯です。第1回目から富士山のお膝元である富士河口湖町のステラシアターという恵まれた環境の中で15年も続けさせて頂けた幸せ。沢山のゲストの皆さまやメッセージを寄せて下さった各界の皆さま。広報して下さったメディアの皆さまやボランティアの皆さま!なんと!沢山の方々と一緒に歩いて来た事でしょう!そして勿論、日本各地から参加下さったあなた!近年、何よりも嬉しいのは「あの場に又、行きたい!」と言って下さる方が年々増えている事です。

今日も心地よい場になるよう、盛り沢山で熱いコンサートをお届けしますよ~!

P.S 来年は4年に一度の「世界自然保護会議」が仏・マルセイユで開催!今回も参加するための準備を進めています。

国連生物多様性の10年日本委員会・委員
環境省中央環境審議会野生生物小委員会・委員
やまなし大使
富士河口湖特別町民
日本自然保護協会・参与

IUCN国際自然保護連合・親善大使

イルカ

第15回目となるイルカさんのチャリティコンサートの開催、まことにおめでとうございます。イルカさんが、その美しい歌声をとおして、あらゆる地球上の生命の尊さや自然との共生の大切さを世界中の人々に訴え続けてこられたことに感銘を受けています。来年のIUCN世界自然保護会議、そして第15回生物多様性条約締約国会議での「愛知目標」の後継となる次期世界目標の策定に向けて、生物多様性の保全に向けた国際的な機運が高まっています。そうした中で、イルカさんの歌声が世界中の人々の心をつなぎ、地球を大切にしようとの思いを強くするエールとなることを願っています。

今回、15周年という節目の年を迎えられた「イルカ with Friends」の開催、心よりお慶び申し上げます。

イルカさんには、IUCN親善大使として、また「国連生物多様性の10年日本委員会」のメンバーとしても、日頃より様々な場でご活躍いただいております。生物多様性の世界目標である「愛知目標」は2020年に期限を迎えますが、その達成にあたってより多くの皆様のご協力が必要な状況にあります。各自が生物多様性の重要性に気づき、行動をしていくことが、達成に向けた更なる一歩につながります。今回のコンサートを通じ、自然とのつながりにも想いを馳せてください。

『イルカwith Friends』が15回の節目を迎え、河口湖ステラシアターで盛大に開催されますことを、心からお喜び申し上げます。美しい地球を守るためにもっとも大切なことは、『思いやり』ではないでしょうか。

緑、水、命を思いやり、慈しむことが、みんなを笑顔にし、よりよい環境をつくることにつながると考えます。雄大な富士の麓、素敵な音楽に包まれ、この会場がたくさんの笑顔であふれることを願っています。

イルカさんはジャズ屋の娘。生真面目でなく、不真面目でなく、非真面目に育てられました。彼女が紡ぐ詩やメロディにはjazzのDNAを覚えます。そんな非真面目イルカさんが真面目に努めているのが、IUCN大使。肩書きだけで"こなす"のではなく、真摯に"取り組んでいる"のです。それも力まずに・・・。時代は便利だけれど、何事もすぐ答えが出るテクノ社会。ところが自然は知ろうとすればするほど興味深さが増していきます。戦争やテクノ電磁波によって悲鳴をあげている地球。今こそ私達は自然保護の意識をより抱かなければなりません。イルカさんに倣いましょう。

イルカwith Friends Vol.15コンサートおめでとうございます!私はこれまで13回参加させていただきましたが、令和という新しい御代替わりに参加できないのは悔しいです。来年は参加させてください!ある大学の先生が仰っているように、時代は「今だけ・金だけ・自分だけ」という思いが目立ちます。だからこそ令和の御代にも、イルカさんの心温まる歌声とお言葉が必要だと痛感します。みんなが優しい時代となりますようにお祈りしています。

IUCN(国際自然保護連合)は、70年に渡り、自然を守るための行動を続けてきました。私達のくらしを支える自然を傷つけてしまう今の社会や経済の形を変えるために、次の10年の更なる行動が私達には必要です。来年、IUCNが開催する世界自然保護会議2020や、国連生物多様性会議を通じて、新しい意欲的な世界目標を決定することになります。自然を守り活かす行動こそが、社会経済発展を持続可能な形に変えると信じています。

15回目を迎えるイルカwith Friendsコンサートは、自然への感謝を祝う機会です。河口湖で、イルカさんと一緒にこの星のための声を上げていきましょう。

         
    

スペシャルゲスト(敬称略)

・杉田二郎

・五輪真弓

・江原啓之(30周年!)

・神部冬馬(10周年!)

 地球の今を最も良く知り、国境を越えて世界中に発信しているのがIUCNの仲間たち!その活動を広く知って頂く為に始めたこのコンサートも14回目を迎えました。

今年の副題「あしたの君へ」は私が1976年に作った歌のタイトルです。「何千年も先のお前の子どもの為に...」という歌詞に込めた未来は今、ここから繋がっています。

「丁寧に暮らそ!」そんな事も提案しながら一年がかりで準備して来たこのコンサート。富士山の美しいお姿を背中に感じながら今年も素敵な歌声をお届けします。

国連生物多様性の10年日本委員会・委員
環境省中央環境審議会野生生物小委員会・委員
やまなし大使
富士河口湖特別町民
IUCN国際自然保護連合・親善大使

イルカ

 IUCN設立70周年の本年を彩る第14回「イルカwith Friends」の開催をお喜び申し上げます。

地球環境問題は、人類が直面する喫緊の課題であり、世界の全ての人々の協力が必要とされています。そうした中、イルカさんは、IUCN親善大使として,生きとし生けるものへの愛とその尊さを歌にのせて訴え続けてこられました。そうしたイルカさんの御活躍は,国境を越えて人々の心に自然への愛を育むための大きな力となっていると思います。今後もイルカさんの歌声が、地球環境問題に取り組む全ての人々へのエールとなり続けることを願っています。

 第14回目となる「イルカ with Friends」の開催、心よりお慶び申し上げます。

イルカさんは、IUCN 親善大使として日頃よりIUCN関係の情報発信をされているとともに、「国連生物多様性の10 年日本委員会」のメンバーとしてもご尽力いただいています。これまでのご活躍に心より敬意を表するとともに、感謝申し上げます。今回のテーマ「あしたの君へ」のとおり、今回のコンサートが、あしたの私たちの生物多様性保全に向けた行動と世界の未来を変える一つのきっかけとなることを願っております。

 今年も『イルカwith Friends ~あしたの君へ~』が、河口湖ステラシアターで盛大に開催されますことを、心からお喜び申し上げます。

早いもので、イルカさんとご友人の音楽家をお招きしてのコンサートも今年で14回を迎えます。~あしたの君へ~は、あしたの地球のために、あしたの子どもたちのために、私たちが今日できることを一つひとつしっかりと取り組み、この豊かな自然を未来へつないでいこうというメッセージが込められていると思います。

富士の麓、雄大な自然と素敵な音楽に包まれたこのコンサートが、私たち一人ひとりの、新しいあしたを生きる原動力となることを期待しています。

2018イルカwith Friendsコンサートへ向けて
一言メッセージ「イルカ

 五十年近く前からずっとその温かい歌声を聴いていたのに、実物にお会いしたのはつい最近のこと。私が司会をつとめる『サワコの朝』という番組のゲストにお出ましいただいたときでした。初対面にもかかわらず、どうしてこんなに和むんだ?と驚きました。でもそれがイルカ力だと思います。独特の愛らしい声とユーモアのセンスとノホホン明るいイルカ顔のおかげで、歌の仲間も大臣も地球も虫も動物も、たちまち無抵抗になってしまう。さあ、みんな!今日はイルカ力に浸りましょう。きっと明日は大丈夫!

 先日、イルカさんとじっくり、ゆっくりお話をするチャンスを頂きました。その時、感じたこと、それはイルカさんの声が深いなということです。性別を越え、年齢を越え 人種を越え 動植物の枠さえ越えて深いのです。それは一重に、イルカさんがこの地球上の生きとし生ける物すべてに、大きな愛を注いでいるからに違いありません。地球は大きなひとつの生命体です。この星に生棲するものすべては細胞同志。イルカさんはきっとそのことを生まれる前からご存知で、私達にお声で、歌で思い出させて下さっているのです。

親愛なる皆様
今年、IUCNは70周年を迎えました!

愛知目標という高い世界目標を達成するための盛り上がりと共に、その盛り上がりを2030年に達成を目指す人類と地球の共通ビジョンに向けて加速させる動きが進んでいます。たった一つの政府や団体だけで、人類の誤った道を正すことなどできません。IUCNは、世界の自然の状態を知り、守るための方法に精通した専門組織として、70年に及ぶ経験と先見性と影響力を持っています。多様で力強い連合組織としてのIUCNの存在が、これまで以上に必要とされています。

14回目となるこのコンサートが、IUCNの70周年と私たちの自然への愛を祝福する素晴らしい機会となることでしょう。河口湖ステラシアターで、イルカさんと共にあなたも地球のために声を上げてください。

         
    

スペシャルゲスト(敬称略)

・さだまさし

・六文銭 '09
(小室等、及川恒平、四角佳子、こむろゆい)

・江原啓之

・神部冬馬

・保坂俊雄(イルカパパ・米寿)

 IUCN国際自然保護連合を知って頂く為に始めた「イルカ with Friends」も、年々その輪が広がり今年は13回目を迎える事が出来ました。ありがとうございます。

昨年はIUCN国際自然保護連合親善大使として「世界自然保護会議」inホノルルに出席しました。世界中から集まった一万人の仲間達と「We Love You Planet!」を一緒に歌えた感動は今も残っています。又、新たなイルカの世界を広げる為に、45周年を経てアルバム「惑星日誌~今、伝えたいこと~」を作りました。今日はその中からの曲も初ご披露致します。

富士山のお膝元でゲストの皆様の歌声そして、森羅万象からのメッセージを沢山感じて頂けたなら...幸いです。

国連生物多様性の10年日本委員会・委員
環境省中央環境審議会野生生物小委員会・委員
やまなし大使
富士河口湖特別町民
IUCN国際自然保護連合・親善大使

イルカ

 第13回「イルカwith Friends」の開催をお慶び申し上げます。
気候変動や生物多様性の喪失といった地球規模の環境問題は、人類が直面する喫緊の課題です。これらの問題は国境を越え、一国だけで解決できるものではありません。また、政府や専門家だけでなく、多くの人々の協力が求められています。今後もイルカさんの歌声が、日本各地、そして世界中で環境問題に取り組んでいる全ての人々に「勇気と力」を与え続けることを願っています。

 13 回目を迎える「イルカwith Friends」の開催、心よりお慶び申し上げます。

昨年9月にハワイで開催されたIUCN 世界自然保護会議では、IUCN 親善大使として世界中から集まった参加者にIUCN の歌を披露されたと聞いています。加えて、中央環境審議会委員や「国連生物多様性の10 年日本委員会」のメンバーとしても長年ご活躍いただいてきたこと、心より感謝申し上げます。

イルカさんの歌が引き続き、人々の心に残り、日常の中で自然とのつながりに思いをはせるきっかけとなることを願っています。

 今年も『イルカ with Friends 』が、河口湖ステラシアターで盛大に開催されますことを、心からお慶び申し上げます。

イルカさんとご友人の音楽家の皆様が"今、伝えたいこと"とは、まさに、生きとし生けるものが穏やかに暮らせるよう、人を思いやり、地球を思いやりながら、今できることにしっかりと取り組んでいこうというものではないかと思います。

霊峰富士と雄大な自然に響き渡るこのコンサートが、私たち一人ひとりにとって、新たな明日を生きる原動力となることを期待しています。

 昨年ハワイで開催されたIUCN世界自然保護会議では、イルカさんによる元気が出るような素晴らしい歌唱が行われました。今回第13回目を迎えるイルカ with Friendsコンサートは、自然という贈り物をふたたびお祝いすることが出来る特別な機会です。

7月29日に河口湖で開催されるイルカさんのコンサートに参加し、地球のために声を上げましょう。

 私の故郷山梨で毎年IUCNのためのコンサートを開催されていると聞き、うれしく思い応援メッセージをお届けします。イルカさんは、昨年、私が名誉理事長を務める女子美術大学が開催したノーベル生理学・医学賞と文化勲章受賞の祝賀会の折に、思いがけずも登場してくださり「人間と全ての生きもの達の為に御研究を宜しくお願い致します」と激励の祝辞と歌をプレゼントしてくださいました。これからもIUCN国際自然保護連合の親善大使として「皆おなじ。大切な命。」であることを、生物多様性についての啓蒙活動を通して国内外に広めてください。

 イルカ先生、雨ニモ負ケズ カゼニモマケズ 生きて行きたいと思いますが、世界は嵐の前のようにピリピリとして、空気の痛さに泣けそうです。そんな中で、イルカ先生が世界の未来のために前向きに語り、歌い、行動しておられるのを見ると、『イルカさんがいるんだ』と、励まされ心が暖かくなります。今年も元気で、来年も元気で、地球のみんなに伝えて下さい。小さな声でも優しく深く。私も耳をそばだてて、聞いています。

         
    

スペシャルゲスト(敬称略)

・伊勢 正三

・ビリーバンバン

・コロッケ

・ダイアモンド✡ユカイ

ゲスト

・江原啓之

・神部冬馬

 毎夏、惑星の仲間たちが集まる「イルカ with Friends」コンサートも12回目を迎える事が出来ました。年々、遠くからお出で下さる方々にも広がり心から嬉しく思っています。ありがとう御座います。

今年は「イルカ45周年」の年で有りニッポン放送「イルカのミュージックハーモニー」も25周年を迎えました。そして9月にはIUCN国際自然保護連合の「世界自然保護会議」がホノルルで開かれます。4年に1度のこの会議は世界中から1万人の代表が集まり地球の未来について連日、話し合われます。

私もバンコク・バルセロナ・チェジュと毎回参加して歌って来ましたので、今回も初回からボランティア・ミュージシャンとして応援してくれている息子の冬馬と一緒に歌って来ます。今回、格別に楽しみなのはIUCNを知って頂く為に作った歌「We Love You Planet! ~ひびけ!惑星に。」がある事です。

国境を越えてみんな歌ってくれるかな...?

今日もぜひ皆さん一緒に歌って下さいね!

さあて!今日は物凄く久しぶりに...エレキも登場の予定!お楽しみに~!

国連生物多様性の10年日本委員会・委員
環境省中央環境審議会野生生物小委員会・委員
やまなし大使
富士河口湖特別町民
IUCN国際自然保護連合・親善大使

イルカ

「イルカwith Friends」の12回目の開催おめでとうございます。

今年、日本は熊本地震を経験し、自然災害の脅威を改めて痛感しました。一方で、伊勢志摩で開催されたG7サミットでは、様々な地球規模課題に関する取組が議論されるとともに、自然との共生という我が国が誇るべき伝統を世界に発信する機会にもなりました。 イルカさんは、45年もの間、歌を通じて人々に勇気と安らぎを与えてくれています。本年9月にはIUCNの世界自然保護会議がハワイで開催されますが、IUCNの親善大使として今年も地球環境の大切さを訴えるメッセージを送り続けて下さることを期待しています。

 イルカさんにおかれましては、4年に一度のIUCN世界自然保護会議が開催される2016年に、ご活動45周年という節目の年を迎えられることを、心よりお慶び申し上げます。

IUCN親善大使のイルカさんには、中央環境審議会委員や「国連生物多様性の10年日本委員会」のメンバーとしてもご活躍いただいています。

今後も一層、イルカさんの歌に込められたメッセージが様々な分野で生物多様性の大切さへの気づきのきっかけとなり、行動を起こす人々の背中を押すことを願ってやみません。

イルカさんが芸能活動45周年を迎え、今年も「イルカ with Friends」が開催されますことを、心からお喜び申し上げます。

イルカさんは、音楽だけでなく多方面で活躍され、そのすべての活動に、自然と生物に対する深い愛情を感じます。

イルカさんのやさしいメロディが、霊峰富士と雄大な自然に響き渡るこのコンサートが、人と自然、人と人との繋がりに気づき、自然保護のための行動を起こす原動力となると確信しています。

第12回目を迎えたイルカ with Friendsコンサートは自然という偉大な恵みを祝う素晴らしい機会です。

IUCNが誇る親善大使であるイルカさんは、そのインスピレーションにあふれた音楽を通じて、世界に対して地球環境のための行動を促し続けていいます。河口湖に集って、彼女とともに環境保護を訴えましょう。

IUCN日本委員会では、人と地球のいきものたちが共に暮らしていくために世界が合意した愛知ターゲットの実現にむけて、多くの人の参加と行動を呼びかける「にじゅうまるプロジェクト」をすすめています。目標年の2020年までの折り返し点をすぎ、一層の前進が必要です。イルカさんの歌と共に日本のとりくみを世界の人たちに伝えていきたいと思います。生物多様性COP10が開かれた日本から世界を動かしていきましょう。皆さんの応援をお願いします!

         
    

ゲスト(敬称略)

・堀内孝雄

・トワ・エ・モワ

・小林幸子(友情出演)

 

・江原啓之

・神部冬馬

2004年、IUCNの親善大使に就任してから11年の月日が流れました。
毎年続けて来られたこの「イルカ with Friends」コンサートも、昨年は記念すべき10回目を迎えDVDにも収める事が出来ました。
さて...「10回目で一区切りかな?」と私は思っていたのですが、地元をはじめとする沢山の皆さんからご要望を頂き、今年もこうして11回目のコンサートを開く事が出来ました。ありがとうございます。
今年は「国連生物多様性の10年」の中間年でもあります。2020年に向けて、いよいよこの惑星「地球」の仲間がもっと心を一つにして、地球の未来を大切にして行かねばならない時なのです。
世代も国境も超えて一人の人間が出来る事は無限にあります。あなたはあなたらしさでこの地球をもっと愛して下さいね!
富士山のお膝元、素晴らしい森羅万象に見守られて開かれる「イルカ with Friends vol.11」。今日も愛を沢山込めて歌をお届けします。

IUCN国際自然保護連合親善大使
国連生物多様性の10年日本委員会・委員
環境省中央環境審議会野生生物小委員会・委員
やまなし大使
富士河口湖特別町民

イルカ

「イルカwith Friends」の11回目の開催をお慶び申し上げます。
IUCN親善大使を務めるイルカさんは「We Love You Planet!~ひびけ!惑星に。」の中で自然の厳しさと優しさを歌われています。これは、本年3月、私が出席した仙台における第3回国連防災世界会議の際に議論があった、海岸林などの自然をうまく活用した防災・減災というテーマとも通じるものです。
我が国は、時に厳しさをもたらす自然と共存する歴史を有しています。イルカさんの歌を聴きながら、皆様も自然の重要性と人間の関わりに思いを巡らせていただければと思います。

IUCN親善大使のイルカさんには、2009年から中央環境審議会委員として、2011年からは「国連生物多様性の10年日本委員会」のメンバーとして、生物多様性の大切さを広く世の中にお伝えいただいています。昨年10年の節目を迎え恒例のイベントとなりました「イルカ with Friends」と、イルカさんが作成されたIUCNの歌「We Love You Planet!~ひびけ!惑星に。」に込められたメッセージが、多くの人たちの自然保護意識を高め、活動を実践する仲間を増やしていただけることを期待しています。

本日は「イルカ with Friends」にお越しいただき、誠にありがとうございます。
さて、平成25年6月富士山が世界文化遺産に登録され、国内のみならず世界レベルの大事な資産として認められ、当町においては、その魅力を発信するとともに保全に取り組まなければならない役割を担っております。その中で、平成16年からIUCN国際自然保護連合初の親善大使として、環境保全の啓蒙活動の重責も担われているイルカさんによるコンサートは、今年で11回目を迎えました。毎年音楽の魅力を発信することと同時に富士山の麓に多くの出演者や来場者の皆さんが集う機会にもなり、今年も開催できますことに心から感謝申し上げます。
平成21年から町の特別町民として関わっていただくイルカさんには、町うた「木の花の開く頃に」を作っていただき、今や町内の時報や様々な場所で身近に流れ、住民も一緒になって参加させていただき、今年もどんなステージが繰り広げられるかとても楽しみです。ご来場いただいております皆様が、心温まる時間を楽しんでいただければ幸いです。

私たちは、大きな変化の時代に生きています。その変化の規模や性格について、いま世界中で活発な議論が行われています。その議論の核心は、人間による短期的なニーズとそれが地球の生命を支える能力に対する長期的な影響の衝突です。私たちの将来は、今私たちが行う選択にかかっています。IUCNは世界中の環境保全活動と手を携え、私たちの美しい地球が将来にわたって私たちを支え、繁栄した将来を導くよう努力しています。イルカさんの歌は、自然と共生する公正で豊かな世界というIUCNのビジョンとこだましているのです。

今年も河口湖で「イルカ with Friends」の開催、おめでとうございます。
私は、イルカさん作詞・作曲の「まあるいいのち」が大好きです。森の木々も、川や海の魚たちも、空で飛ぶ鳥たちも、クマやカンガルーも「みんな同じ地球の家族、みんな同じ宇宙の仲間、一人にひとつずつ大切な命」の歌声に耳を傾け、大きくうなずいているに違いありません。IUCNの親善大使として、世界各地を廻られすでに10年、今後のご活躍を宇宙の仲間みんなが期待しています。