幼い頃から、私は動物や植物そして鉱物達をこよなく愛してきました。きっとその出会いがあったからでしょう。気がつけば彼らとのふれあいの中で生まれた心を歌に編み、自然と歌うようになっていたのです。2004年夏、IUCN初の親善大使に任命されてから尚一層、歌を通じて地球上の全ての生き物達との架け橋になれたらよいなと心に強く思っています。
しかし、日本・アジア地域に於けるIUCNの存在は未だ認知されていない現実があります。国境を越えて今私たちがしなければならない事は何でしょう。それを見つけに一歩ずつ歩いていきましょう。
「私達は皆、この地球という大きな生きものに住む"細胞同士"なのですから。」
 



“the BRIDGE between the worlds”

Since my childhood, I have had deep appreciation for animal, plants and stones. I found myself making& singing many song which were inspired by those intimate contact with nature. In the summer 2004, I had the honor to be the first Goodwill ambassador of IUCN. Through my song, I would like to be a bridge between man and all diverse of life in this planet.

However, I’m sorry to say that IUCN is not well-recognized in Japan and other countries in Asia. I am sure that we can step up, searching for what we should do for transboundary cooperation.

We, human and all living creatures are one of the cells of this great and beautiful Earth.

www.iruka-office.co.jp

Every year I’ll perform concert about 70places in Japan.

2010 the year of biodiversity

“Maarui-Chikyu”(Round Earth) Concert produced by IRUKA

At Nagoya Civic Assembly Hall on Oct. 24, 2010



IRUKA  -
イルカ

IUCN国際自然保護連合親善大使

2004年に初の親善大使に任命された。

  • 環境省中央環境審議会 自然環境部会 野生生物小委員会 専門委員
  • 地球いきもの応援団メンバー・生物多様性リーダー
  • 国際生物多様性年国内委員会(地球生きもの委員会)委員
  • UNDB-J国連生物多様性の10年日本委員会 委員

イルカwith Friends紹介

IUCN国際自然保護連合に関するコンサート活動についてはこちらご覧ください。


IUCNに関してはこれからも沢山情報を掲載していきますが、詳しくはIUCNIUCN日本委員会をご覧ください。

    
    
world_conservation_congress.jpg
IUCN国際自然保護連合が四年に一度開催している「世界自然保護会議」が、当初は2020年6月、新型コロナウイルスの影響で2021年1月に仏・マルセイユで行われる予定でしたが、このたび再びの延期が決定となりました。
新しい日程はまだ決まっておりませんが、また改めてお知らせさせて頂きます。
 
 
IUCN Congress HP はこちら
         
    
Let_Iruka_JP_Donation_202007_edited-1.jpg

いつもコンサート会場やHPイルカショップにて「イルカと伝統的物作りとIUCNのコラボレーショングッズ」をお買い上げ頂きありがとうございます。
これらのグッズ売上の一部はIUCN本部へ寄付しておりますが、今年も先日IUCN本部へお届けしましたところ、IUCNのGrethel事務局長代理より「お礼状」を頂きましたのでご報告いたします。
お預かりした金額の詳細は「募金ページ」に随時掲載しておりますので、そちらもぜひご確認下さい。
これからも「丁寧に暮らそ!」をテーマに素敵な物作りをしていきますので、引き続きよろしくお願いいたします。
なお、今年も、秋頃を目指して新作グッズの「イイモノ」を準備しておりますので、そちらもまたお知らせさせて頂きます。

新型コロナウイルスと環境保護の問題は深く関わり合っています。今後とも、IUCNへの寄付へのご協力をよろしくお願いいたします。

IUCN国際自然保護連合・親善大使イルカ

寄付・義援金HPはこちら

 
<お礼状・日本語訳>

IUCNを代表して、イルカさんと皆様からの寄付と、私たちIUCNへの揺るぎない支援に感謝の意を表したいと思います。
私たちは今、生物多様性の喪失、生態系の劣化、気候変動がエスカレートするなど、この惑星の緊急事態に直面しています。このCOVID-19のパンデミックは、私たちの経済と社会がどのように相互依存しているか、そして人間、他の生物、生態系の幸福がどのように互いに深く関わり合っているかを明確に思い出させるものです。健康な人間をサポートできるのは健康な惑星だけなのです。
人類は、この状況が終わった時に自然との関係を改めて振り返り、自然界を保護し、すべての人にとって健康で公平な惑星を再建するという取り組みをさらに強化する必要があると確信しています。
私達にとって、イルカさんが親善大使としてこれらの私達IUCNからのメッセージを広めて頂けることは幸運であり、次回のマルセイユでのIUCN世界自然保護会議の機会にイルカさんをお迎えできることを楽しみにしています。 7月13日にIUCN事務局長に任命されたBruno Oberle博士をお迎えする機会にぜひご参加ください。そして来年1月にマルセイユで彼と直接会う機会ができるよう願っています。

IUCN事務局長代理 Dr Grethel Aguilar
         
    
world_conservation_congress.jpg IUCN国際自然保護連合が4年に一度開く「世界自然保護会議」が2020年6月に仏・マルセイユで開かれる事になっていましたが延期になりました。
正式発表をIUCN事務局本部の責任者Enrique(エンリケ)さんより頂きましたのでご報告致します。
---------------------------------------------------------
進行中のCOVID-19パンデミックの影響を考慮し、国際自然保護連合(IUCN)とフランス政府は、マルセイユでのIUCN世界自然保護会議2020を2021年1月7-15日に延期することを決定しました。 詳細につきましては、IUCN Congress HP をご参照ください。
---------------------------------------------------------

1.イルカ写真1-1.jpg

2008年バルセロナ会議

本来でしたら来週から会議が始まり私も親善大使として参加をする準備を昨年から外務省の皆さま、堀江IUCN地域理事、エンリケ氏と進めて来ました。
毎回、会期中には親善大使として歌わせて頂いており、今回もツアーメンバーと共に参加して歌う予定でしたので残念ですが、2021年1月には何とか開催される事を祈っています。

k-pop_0683.jpg

2012年チェジュ会議

新型コロナの問題は地球の環境と大きく関わっていると思います。ウィルスと野生生物と人との距離感。今後、経済の回復を各国が急発進すれば温暖化加速への危機感等。
こんな時期だからこそ世界中から専門知識をお持ちの学者さんや政府関係者が一堂に集まっての会議は地球の未来にとって大きな会議になる!とその重要さを感じています。

DSC00646.JPG

2016年ホノルル会議

「We Love You Planet!」

今こそ、ひびけ!惑星に!!

         
    
DSC07747.JPG

「人の和」や「自然との調和」も含めた広義の平和関連テーマに長年取り組む人に贈られる「澄和Futurist(フューチャリスト)賞」。
その第4回目に私イルカが選ばれました。

 
Futurist=未来を創る人

DSC07688.jpg 今回の受賞者は
谷川俊太郎さん(詩人)
岩田雅裕さん(口腔外科医)
そして
私イルカです。
DSC07818.JPG

受賞式当日はたくさんのテレビ・新聞などのメディア取材にも入って頂き、10月25日付の毎日新聞では大きく取り上げて頂きました。ありがとうございました。

 

毎日新聞記事はこちら

DSC07699.jpg 一般財団法人澄和の村石久二理事長から表彰状とクリスタルの盾、花束が手渡されました。副賞として賞金も頂きました。いつも活動資金はゼロの中、皆様からの募金に頼らせて頂いていますのでこの賞金は大変有難く、今後の環境活動に活かして参ります。
DSC07758.jpg 私からのスピーチでは...「地球は大きな生き物。私達は皆、細胞同志」というメッセージを歌や絵本、最近では着物にも描き皆様にお伝えしています。
DSC07111.jpg この着物も今日の日に間に合う様に手描きした自作の着物です。と言うと拍手が沸き起こりましたので、壇上で一周まわって柄をご覧頂きました。
DSC07779.jpg

会場には
元女子マラソン選手の高橋尚子さん
日本女子卓球選手の伊藤美誠さん
がお祝いに駆けつけて下さり、祝福のメッセージも頂きました。

 

(左から、澄和の村石理事長、高橋尚子さん、イルカ、伊藤美誠さん)

DSC07774.jpg

伊藤美誠選手
いつもパワフルな試合に力を頂いています。東京オリンピック目指して是非とも頑張って頂きたいですね!とても小柄で驚きましたが、あの笑顔はやはり最高でした!

DSC07790.jpg 北野大先生は「澄和Futurist賞」の選考委員をされています。穏やかな口調で励ましのお言葉を頂きました。
DSC07812.jpg

歌の御希望がありましたので、ギター1本で特別にサプライズ!会場にお越しの皆さまにも勿論!ご一緒に歌って頂きました。

 

こんなに素晴らしい賞を頂けた事に感謝いたします。
今まで沢山の皆さまの支えがあってここまで歩いて来られました。今回の「澄和Futurist賞」は皆さまの代表として受けさせて頂きました。ありがとう御座いました。

 

「澄和Futurist(フューチャリスト)賞」詳しくはこちら

         
    
DSC06899.jpg 今回もおかげさまで「イルカwith Friends Vol.15」コンサートの15回目を大盛況のうちに終えることができました!
IUCN国際自然保護連合をたくさんの人に知ってもらいたいと始まったこのコンサート。
今年も全国からお越し頂いた皆様、富士河口湖町ボランティアスタッフの皆様にも本当に沢山お集まり頂き、心から感謝しております。
DSC06896.jpg 記念すべき15回目のゲストは満を持しての、
海援隊の皆さん、太田裕美さん、そして恒例の神部冬馬
となりました!
DSC06856.jpg 当日は梅雨明け前でしたが本番中には雨も止み、公演中は最後のイルカコーナーも富士山がずっと見えていたようです!上の方のお席の皆様は、より一層気持ちの良い風景も味わえたのではないでしょうか。
     iruka2019_Vol15_shinkou (2)_edited-1.jpg 毎年、お客様にお配りしているパンフレットのメッセージを今年もHPで公開するため準備中です。初回からこれまでのメッセージもご覧いただけます。

今年メッセージを頂いた方々(敬称略)
・河野太郎外務大臣
・原田義昭環境大臣
・渡辺喜久男富士河口湖町長
・徳光和夫
・江原啓之
・グレーテル・アギラーIUCN事務局長代理

毎回心を込めてお願いし、皆様から快くご了承頂きお寄せ頂いた素敵なメッセージとなっております。近日中の掲載となりますのでぜひご覧くださいね。

パンフレット情報はこちら

なお、今年も東京都知事小池百合子様から15回目を祝して自筆のメッセージを頂き、ステージで代読させて頂きました。ありがとうございました。

ご報告その2も絶賛準備中、どうぞお楽しみに!!