幼い頃から、私は動物や植物そして鉱物達をこよなく愛してきました。きっとその出会いがあったからでしょう。気がつけば彼らとのふれあいの中で生まれた心を歌に編み、自然と歌うようになっていたのです。2004年夏、IUCN初の親善大使に任命されてから尚一層、歌を通じて地球上の全ての生き物達との架け橋になれたらよいなと心に強く思っています。
しかし、日本・アジア地域に於けるIUCNの存在は未だ認知されていない現実があります。国境を越えて今私たちがしなければならない事は何でしょう。それを見つけに一歩ずつ歩いていきましょう。
「私達は皆、この地球という大きな生きものに住む"細胞同士"なのですから。」
 



“the BRIDGE between the worlds”

Since my childhood, I have had deep appreciation for animal, plants and stones. I found myself making& singing many song which were inspired by those intimate contact with nature. In the summer 2004, I had the honor to be the first Goodwill ambassador of IUCN. Through my song, I would like to be a bridge between man and all diverse of life in this planet.

However, I’m sorry to say that IUCN is not well-recognized in Japan and other countries in Asia. I am sure that we can step up, searching for what we should do for transboundary cooperation.

We, human and all living creatures are one of the cells of this great and beautiful Earth.

www.iruka-office.co.jp

Every year I’ll perform concert about 70places in Japan.

2010 the year of biodiversity

“Maarui-Chikyu”(Round Earth) Concert produced by IRUKA

At Nagoya Civic Assembly Hall on Oct. 24, 2010



IRUKA  -
イルカ

IUCN国際自然保護連合親善大使

2004年に初の親善大使に任命された。

  • 環境省中央環境審議会 自然環境部会 野生生物小委員会 専門委員
  • 地球いきもの応援団メンバー・生物多様性リーダー
  • 国際生物多様性年国内委員会(地球生きもの委員会)委員
  • UNDB-J国連生物多様性の10年日本委員会 委員

イルカwith Friends紹介

IUCN国際自然保護連合に関するコンサート活動についてはこちらご覧ください。


IUCNに関してはこれからも沢山情報を掲載していきますが、詳しくはIUCNIUCN日本委員会をご覧ください。

    
    
DSC01062.JPG 以前から「自然環境と伝統的な物作りは密接な繋がりが有る!」とメッセージを出して来た私ですが、IUCN日本委員会の渡辺会長から「是非その事を話して下さい」とこの会議での講演会のご依頼を受け60分お話させて頂きました。伝統的な物作りとイルカデザインがIUCNへの寄付金となるコラボレーショングッズも紹介させて頂きました。
ユネスコはじめ共鳴して下さる世界中の仲間に出会え大きな勇気と貴重なひと時を頂き感謝します。

DSC01066.JPG

自作の着物(大熊猫)と帯(レッドリスト)での登場に海外からの参加者にも喜んで頂きました。

「第1回アジア生物文化多様性国際会議」は石川県七尾市にて開催され、盛況のうちに幕を閉じました。今回の会議は、2014年にフィレンツェ(イタリア)で開催された第1回生物文化多様性ヨーロッパ会合の成果を受けて、アジア地域で行われた初めての会議でした。
         
    
DSC00717.JPG IUCNの国家会員である外務省からのご伝達で毎回WCC開催国では日本領事館の皆さまにご協力を頂いています。
今回もホノルル日本領事館の皆さまには大変お世話になりありがとうございました。
三澤康総領事ご夫妻は日頃から公的な場で和服をお召しになる事が多いと話しが弾みました。
IUCNアジア地域理事の堀江さんからのご提案で今回「イルカを囲む会」を開いて頂き領事館でのミニコンサートとなりました。
堀江さんの大きなご協力に感謝致します。
DSC00694.JPG ホノルルで御活躍の皆さまとIUCN本部からサラさんや仙台での防災会議でお会いしたスコットさん。IUCN-Jの道家さん、吉田元会長も会議がお忙しい中、参加して下さいました。


DSC00687.JPG 日系三世・四世という方々にもお集まり頂き、片言の日本語でコミュニケーション!歌の間は私も英語でお話しし、お喋りに詰まると領事館の伊部さんが助け舟を出して下さりとても楽しいひと時でした。
DSC00662.JPG 日系県人会からは沖縄、山形そして山梨会の方々も大勢でいらして下さいました。
富士山の麓でIUCNの「イルカ with Friends」コンサートを毎年開いている事を伝えると、県人会の旅行で行きたい!と盛り上がっていましたのでお土産に山梨とコラボした「和紙」の一筆せんを差し上げ大変喜んで頂きました。

DSC00671.JPG

ハワイの日本語新聞 ©「日刊サン」紙記事:IUCN親善大使イルカsan revised.pdf

ホノルルのメディア関係者にもお出で頂き、IUCNと着物や歌についてのインタビューを受けました。
日刊サン紙さんには着物の写真も載せて頂きました。STUDIO RIM HAWAIIさんなどの地元日系ラジオ局からもインタビューに来て下さったので「We Love You Planet!~ひびけ!惑星に。」のCDを差し上げました。
領事館の女性シェフから美味しい和食のお弁当も頂き、最終日にホッとしました。ありがとうございました。

DSC00505.JPG 最後に、皆さんにお話して大爆笑された事なんですが。授賞式で歌った翌日。
ホテルのエレベーターに二人のビキニ女性が乗って来て「Are you enjoy?」と急に聞かれたので「あなたは?」と答えたら「私たちは昨日、あなたの歌を楽しんだわよ~イルカ!」と言われてビックリ!ビキニを着てたから解らなかったけどワシントンから会議に参加した人だった!という嬉しい出会いもありました。勿論、熱い握手をエレベーター内でかわしましたよ~!アロハ~!
 
ホノルルでは毎日、美しい太陽を朝夕眺める事に恵まれ感謝しています。
この幸運を「サンライズ・シェル」の様な写真に載せてあなたの元に届けます。
         
    
DSC00426.JPG IUCNレッドリストにTOYOTAさんが協力して下さる事になりました。
私はそのパビリオンの中で歌わせて頂きましたが、今回も冬馬がボランティアとして一緒に歌ってくれました。
会議場の中には各国からのパビリオンが参加し、発表や討論を連日重ねてコミュニケーションを活発に取り、そこからの意見や行動が会議にとって大きな存在となっています。

DSC00410.JPG このパビリオンはなんと!全て段ボールで作られ終了後は直ぐに再利用される作りになっています。
歌の間に私は自作の着物と「レッドリスト帯」の説明をしました。「全て私の手描きでデザインし、帯は売上の一部がIUCNへの寄付金になります」と伝えると拍手が起きました。

DSC00409.JPG

ジェーン・スマートさん(IUCN地球規模種保全計画 事務局)はIUCNの中でもレッドリストの専門家です。

DSC00463.JPG

名古屋COP10コンサートでのスピーチや去年来日された時にも「今回のWCCでも歌ってね!」と仰って下さいましたので、事前にレッドリスト帯が出来た事を伝えると「資料と説明を直ぐ送って!」と大変興味を示して下さり、送った資料をスライドにも作って待っていて下さいました。

DSC00458.JPG スピーチはアメリカ・東アフリカ・メキシコそして地元ハワイの代表者が御挨拶されましたが、最後にはインガー事務局長が駆けつけて御挨拶を下さいました。
会議中は分刻みのスケジュールの中ありがとうございました。
DSC00460.JPG 歌を聴いて頂き、手拍子も湧きほっとしました。
会議場に一般の方は入れませんが終了後にブータンや中国、アフリカの方々から「IUCNの歌イイね!」と声をかけて頂きました。
堀江地域理事も心配して駆けつけて下さり「授賞式と領事館での歌も期待してます!」と励まして下さいました。

DSC04054.jpg 今回の為に運ばれて来た「MIRAI」と記念写真!
いつか・・・運転してみたいですね~!

 

「授賞式」と日本領事館での「イルカを囲む会」に続く!

         
    
IMG_0249.JPG 開会式にはオバマ大統領からのメッセージが届きました。
ホノルル市内にある会議場とは別のNeal S. Blaisdell Centreという開会式場では、かなりセキュリティーが厳しく一切のバッグ持ち込み禁止。なのでジェーンさん達のホテルに集合して携帯とパスのみを手に、会場行きの貸し切りバスで行きました。
IMG_0248.JPG 当初はオバマ大統領が参加される事になっていたようですが、急遽事態が変わりました。

IMG_0234.JPG 開会式は毎回開催国の民族舞踏などがおこなわれます。
今回もハワイの伝統的な音楽と儀式が長老達の声で始められ、大変素晴らしい音や声に感動しました。カメラが無いので会場の雰囲気を携帯カメラでパチリ!
DSC00525.JPG 「世界自然保護会議」が行われた会議場はガラス張りの建物の周りにヤシや沢山の植物が植えられているとても明るい会場です。

DSC00523.JPG 会議場の中に有った「IUCN」の文字オブジェ。
何だと思いますか?これらは皆、プラスチックのゴミです。
おそらく海の中から集められた物と思います。
ウミガメはじめ海の生きもの達が呑みこみ命を落とす事が沢山あります。
又、海が汚れる事で水温の上昇など起こり異常気象そして災害と繋がって行きますね。
気候変動や災害・貧困の問題も大きな議題となっています。

    PIC000045-1.jpg

ハワイにも台風が近づいていましたが被害は有りませんでした。
時折、雨が降りましたがそのお陰で沢山の虹を観る事ができました。
珍しいダブルの虹を写せたのでお見せしますね!
虹は幸せの訪れと言われています。「この会議が地球にとって有意義な会議になります様に」と祈りました。
 

報告4と5に続く。

         
    
DSC00646.JPG 永年に渡り環境活動や研究を続けてきた方々に贈る功労賞の為の授賞式が行われ、親善大使として歌ってきました。
会議場の最上階にあるボールルームは3000名位入る大きな会場です。その前の会議が1時間半も延びての開会となりました。

DSC00578.JPG 開会の意味を込めて先ず私に1曲歌って欲しいという希望を頂きましたので、とても責任あるお役目に緊張しました。
すると、チャン会長とインガー事務局長が最初に私の紹介をして下さいました。

DSC00615.JPG 私にも歌う前に一言挨拶を!と直前での依頼でしたが...。英語でのスピーチは参りますね!しかも、格式高い場でのスピーチですから。
知ってる限りの単語を駆使して「私はイルカです。2004年からIUCNの親善大使を務めています。イルカとはDolphinという意味です。」先ずここで拍手起こりました。

DSC00589.JPG 気持ちを落ち着け「今日は着物を着てきました。KIMONOは日本の伝統的な衣装です。この着物も帯も自分でデザインし描いて染めました。テーマは全て生物多様性やレッドリストです。」再びの拍手に嬉しくなり、見回すと皆PCに私の言葉を打ち込んでいます。
流石に政府関係者や学者さん達ですね!全て記録する。そこで折角ですから「この地球も大きな生きものと私は思っています。だから、人も全ての生きものも皆この雄大で美しい地球上に住む細胞同士ですね!」と結びました。

DSC00618.JPG そして「まあるいいのち」のサビ部分を先ず英語で歌い「今回はハワイ語も少し教えて貰いました。」とハワイ語でも歌いました。
IUCN-Jの仲間たちや環境省の皆さまが早くも手拍子をして下さり嬉しく思いました。大きな拍手を頂きほっとしました。
DSC00600.JPG 今回の大きな目的である「We Love You Planet!~ひびけ!惑星に。」は授賞式の中盤で歌う事になっていました。
英語バージョンは初めて歌うのでこれ又緊張でしたが「IUCN」の繰り返しは「皆さん歌ってくれますか?」とコンサートの時と同じ様に何度か練習してから始めました。
今回はツアーメンバーの勝又さんが前日に来てくれて会場リハーサルも出来ました。機材やキーボード等の不安が有りましたが、外務省や日本領事館の皆さま、堀江地域理事さん、本部のエンリケさん、サラさん。ホノルルのPAさんや会場のスタッフの皆さまのお陰で歌う事が実現し感謝しています。

DSC00569.JPG 会場には懐かしい方々も沢山集まっていました。
前事務局長のジュリアさん!東京、スイス本部、名古屋、チェジュと大変お世話になりました。今はアメリカの大学で教授として若い人材を育てています。
そして今回も連日見護って下さった安田さんは、ナイロビで活動の場を広げています。

DSC00648.JPG Lorena Aguilarさんは女性学の先駆者として今回表彰をうけました。とてもお洒落をしての参加に会場から拍手がおきました!

DSC00649.JPG アショク・コースラ前会長も表彰を受けインドから参加されました。
「インドに行ってみたい」とチェジュでお話した事を覚えていて下さり「いつ、インドに来るんだい?」と嬉しい事を仰って下さいました。

DSC00571.JPG IUCN-Jの仲間。「ジュゴン保護キャンペンセンター」の皆さまはなんと今年のイルカTシャツで参加!!
いつも「イルカ with Friends」ではありがとうございます。私の着物に描いたジュゴンに喜んで頂けました。